Center forInternational Exchange Programs 国際交流センター

金城から世界へ

国際交流センターは、「留学にチャレンジしたい!」「語学研修にいきたい!」という学生の皆さんの思いに応えるため、スタッフ全員で親身にサポートします。
文化も言葉も異なる海外での経験は、これからの人生において貴重な財産となります。ただ、その一方で、心配なことや不安に思うことも多々あると思います。そんなときは、ぜひ国際交流センターまで相談しに来てください。

留学・海外研修について

金城学院大学では、長期間の「留学」と短期間の「海外研修」の制度を設けています。
留学を希望する人は、早めに個別カウンセリングを受け、自分に合ったプログラムを見つけましょう。

在学留学について長期

「在学留学」とは、本学が交流協定を締結した海外の大学(協定校)、または公的に認証され、本学が認めた海外の大学・短期大学(非協定校)に約半年または1年間留学し、大学の正規授業科目を履修し単位を修得する制度です。留学中に修得した単位は、単位認定の対象となり、留学期間は修業年限に算入されます。
プログラムの詳細については、説明会に参加の上、国際交流センターで確認してください。留学を希望する人は、語学検定試験を受けたり、個別相談を予約するなど、早めに準備を始めましょう。

指定校一覧はこちらを確認してください。

留学プログラム

「交換」「派遣」「認定」の3つの種別があり、違いは、留学先大学の学費免除の有無と、本学海外留学生奨学金(給付型)の支給額のみです。留学先によって、出願・選考や出発の時期が異なります。

プログラム 交換 派遣 認定
対象となる
留学先
協定校(交換協定) 協定校 協定校・非協定校
奨学金
(年額)
欧米・豪州圏:30万円
アジア圏:10万円
欧米・豪州圏:50万円
アジア圏:20万円
アジア圏:8万円
その他:20万円
定員 各大学で定められた定員 各派遣枠(選考時期ごと)で
定められた定員
なし
(奨学金枠には定員あり)
ポイント 留学先の学部授業料が免除される 奨学金が手厚く、
選べる協定校の数が多い
協定校に限らず、自分に合った
プログラムを探せる
  • プログラム

    交換
    対象となる留学先
    協定校(交換協定)
    奨学金(年額)
    欧米・豪州圏:30万円
    アジア圏:10万円
    定員
    各大学で定められた定員
    ポイント
    留学先の学部授業料が免除される
  • プログラム

    派遣
    対象となる留学先
    協定校
    奨学金(年額)
    欧米・豪州圏:50万円
    アジア圏:20万円
    定員
    各派遣枠(選考時期ごと)で定められた定員
    ポイント
    奨学金が手厚く、選べる協定校の数が多い
  • プログラム

    認定
    対象となる留学先
    協定校・非協定校
    奨学金(年額)
    アジア圏:8万円
    その他:20万円
    定員
    なし(奨学金枠には定員あり)
    ポイント
    協定校に限らず、自分に合ったプログラムを探せる

出願方法と要件

出願には、以下の要件を満たす必要があります。まずは出願ガイダンスに参加し、必要な要件や書類、出願時期について確認しましょう。

  • ●語学力要件
    留学先および本学の語学力基準を満たすこと
  • ●成績要件
    入学から留学出願の直前学期までのGPA(成績平均点)が2.0以上あること
  • ●その他
    留学時に本学に1年以上在学し、留学する前年度までに30単位以上取得していること
    (一部の大学では、出願時に2年または3年次以上であることが求められます)
<協定校留学>

上記要件および各協定校の募集要項に定められた要件を満たすこと。

<非協定校留学>

上記要件、非協定校用募集要項、および各留学先大学が定める要件を満たすこと。

  • *各自で希望する留学先大学の選定・手続きを行い、入学許可書類等を本学に提出して審査を受ける。
  • *語学学校のみの留学では単位認定は不可。大学で開講される正規科目を受講し、単位が取得できることを確認。
  • *非協定校留学を希望する場合は、早めに国際交流センターに相談すること。

なお、留学先大学で正規授業科目が履修できなかったり、単位を修得できなかったりした場合、在学留学が取り消される場合があります。

女子大ならではの手厚いサポート

各日程は、トップページで確認してください。

  • 留学説明会・ガイダンス

    留学に少しでも興味がある人は、まずは説明会に参加して情報を集めましょう。

  • 個別相談

    留学経験を持つスタッフが常駐しています。納得がいくまで何度でも、自分に合った留学方法について相談しましょう(1回30分程度)。

  • 帰国報告会

    留学を経験した先輩たちのプレゼンテーションを参考に、留学先を検討しましょう。センターでは、留学中の学生の報告書を閲覧することもできます。

  • 留学サポーターズ

    座談会形式で、留学から帰国したばかりの先輩たちから現地の最新情報を聞いたり、留学全般についてアドバイスを受けることができます。

  • 留学前オリエンテーション

    ビザや入学手続き、渡航準備や危機管理、心のケアなど、留学に関する幅広い指導を行い、出発前の不安を取り除きます。

  • 留学中のフォロー

    大きな問題が起こったり、深刻な悩みがある時には、担当スタッフがメールやビデオ通話を通して親身に相談に乗ります。

海外研修について短期

春期・夏期休暇に実施している2~4週間の海外語学研修旅行では、単位を修得することができます。
現地の人々との交流を大切にし、短期間に語学力を向上させ国際感覚を養うことを目的としており、言葉だけでなく、文化や生活習慣を肌で学ぶことができます。大学主催だからこそのサポートと、充実した研修内容。初めての海外でも安心して参加できます。

参加申込には、説明会への出席が必須です。
4月(夏期)と10月(春期)に行う説明会に必ず出席してください。

*出発前には4~8回のオリエンテーションと2~3回の特別講習を実施します。

夏期プログラム

  • カナダ語学研修(英語) *毎年

    Royal Roads University(ブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア)

  • フランス語学研修(フランス語) *隔年

    University of Toulouse-Jean Jaures(オート・ガロンヌ県トゥールーズ)

  • ドイツ語学研修(ドイツ語) *隔年

    University of Freiburg(バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク)

春期プログラム

休学留学について

語学研修やインターンシップ、ボランティア、ワーキングホリデーなど、
大学の正規授業科目の単位修得を目的としない留学や、
本学での資格取得などのため在学留学ができない場合、休学して留学することも可能です。
ただし休学期間中は修業年限に算入されません。手続きについては、
各自で学科アドバイザー教員および履修支援センターに問い合わせてください。

履修支援センター(本部棟3階)
TEL:052-798-0180(代表)