Center forInternational Exchange Programs 国際交流センター

よくある質問

Q.どの学部、学科の学生でも留学できますか?
A.出願基準を満たせば、選考または書類審査のうえ、学部、学科に関係なく留学できます。
Q.在学中に留学したいのですが、何年生で留学した方がいいですか?
A.できるだけ早い学年で留学することを勧めます。専門科目の少ない学年の方が単位が認定されやすく、また留学中に得た知識を本学でのコース選択等に役立てることができます。ただし1年次に留学を開始することはできません。
Q.留学には交換・派遣・認定プログラムがありますが、どのような違いがありますか?
A.主な違いは、留学先大学の授業料と本学から支給される奨学金です。交換留学プログラムでは協定校での学部の授業料が免除されます。派遣留学プログラムでは協定校での費用を学生が全額負担します。認定留学プログラムでは、協定校あるいは自分で選んだ海外の教育機関に留学し、費用を学生が全額負担します。すべてのプログラムにおいて留学期間は修業年限に含まれ、修得した単位は本学での単位認定の対象となります。
Q.交換・派遣プログラムを利用して留学するための成績基準はありますか?
A.交換・派遣・認定留学に出願するためには、入学時~応募時までの総合GPA2.0以上が必要です。選考は、1.留学出願書類2.語学検定スコア3.学業成績4.面接で行います。また、一部の協定校では本学とは異なるGPAの基準が定められており、そちらが優先されます。詳細は国際交流センターで確認してください。
Q.留学先で修得した単位はすべて認定されますか?
A.留学先で修得した単位は他の認定単位を含めて60単位を超えない範囲で、本学において修得した単位として認められます。事前にアドバイザー、クラス担任、教務委員(英語英米文化学科は留学生委員)との相談が必要です。
Q.4年間で卒業できますか?
A.本学の留学プログラムを利用して留学した場合の留学期間は、本学の修業年限に含まれ、基本的には最低修業年限で卒業できます。教職等の資格を取得する場合や実習・実験の多い学部・学科においては、留学先で修得した単位数で卒業に必要な単位数を満たすことができず、最低修業年限内に卒業できないことがありますので、十分に注意してください。